若白髪の原因

若白髪の原因

白髪はふつう、男性でしたら30代前半、女性ならば40代前頃に目立ち始めるものですが、それよりも若く20代頃から白髪が増えてきたとしたら、それは若白髪ということになります。

 

同じ若白髪でもちらほらと出てくるものであれば、それほど目立ちませんが、一箇所にまとまって白髪が生えてくると悩ましいものですね。

 

すでに生えて伸びてしまった白髪を黒髪に戻すことは色を染めるなどの対処療法しかないのですが、若白髪は予防することができるのか、若白髪の原因は何でしょうか。実は若白髪の原因も30代から増え始める白髪の原因と違うというわけではありません。

 

その原因は遺伝、精神的ストレス、栄養不足、病気などです。これらが原因で毛母細胞のメラノサイトが休止か枯渇してしまい髪を黒くしなくなったことで白髪になるのです。

 

遺伝の場合は仕方がないとしても、精神的ストレスや栄養不足などは工夫することで自分でもコントロールできる範囲ですね。若白髪のなかでも、10代のように更に早い時期から若白髪できてしまう、というような場合には、遺伝の影響が大きいという説もあります。

 

遺伝の場合はなにもなすすべはないのか、というとそうでもないはずです。遺伝的に白髪が早く生えやすいというのは、両親を見れば事前にわかることですから、遺伝による白髪の発生をなるべく抑えるよう、ほかの白髪の原因である精神的ストレスの蓄積や栄養不足状態にならないよう、気をつけるとよいでしょう。