タンパク質・EPA

白髪予防の食べ物 タンパク質・EPA

白髪予防になると言われている食べ物をご紹介します。食べ物によって白髪がすべて防げるものではありませんが、髪の毛の栄養不足は白髪を増やす要因になります。

 

タンパク質

まずはタンパク質です。毛髪のの主成分は「含硫アミノ酸」というタンパク質です。

 

ただし、タンパク質を摂取したらすぐに、白髪予防にはなりませんが、タンパク質は必ず必要な栄養素なのです。

 

他の栄養もきちんと摂りながら、腸内環境と血流をよくすることが大事になります。その上で良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。
高タンパクで低脂肪の食材が理想です。たとえば大豆製品、赤身の肉、魚などを油分などを使わない調理法で食べるのが理想です。

 

EPA

栄養を身体に運ぶのが、血液の役割です。そして、血液を運ぶ道が血管です。

 

血管の状態が硬く狭いなどの問題があると、血流が悪くなります。そんな血管を柔軟に保つ効果が見込めるのが、EPAなのです。EPAは、サバ・カツオ・サンマ・ニシン・イワシ・アジなどの青魚に多く含まれる成分です。

 

 

※いずれにしても、有効成分を血液を通して髪の毛に運ぶためには、胃や腸の健康も大事です。