白髪のしくみの解明

白髪のしくみの解明

白髪の原因は諸説いろいろ言われていたのですが、2009年に東京医科歯科大学で黒髪が白髪になるしくみを解明しました。

 

マウスの実験で解明したのは、黒髪のメラニン色素を作る色素幹細胞が、本来はどんどん自己複製して新しい細胞を増殖するはずが、DNAの損傷を修復できずに分化してしまうというのが、白髪のできるしくみでした。そうなると色素幹細胞が減ってしまい色素が作れず白髪になってしまうということです。

 

では、このDNAの損傷はなぜおこるのでしょうか。それは紫外線などの影響が大きいそうですが、しかし、加齢で白髪になると思っていたのに、紫外線などが主な原因とは不思議ですね。

 

加齢で、つまり長年紫外線を浴びて年齢を重ねるとDNAの損傷が激しくなるのかもしれません。この色素をつくる細胞だけでなくDNAの損傷はいろいろな原因でおこることが知られていますから、この点からも、紫外線だけが原因というわけではないですね。

 

さて、解明したことを基に、白髪を治す方法はまだ開発されていないのでしょうか?これについては、人間に応用できる具体的な方策が開発されるには、まだ時間がかかるそうです。そういうことであるならば、自分のできる範囲でDNAの損傷を防ぐことが大事ですね。

 

まさか毛髪のDNAだけによいこと、というのはなくて全身の細胞に共通でしょうから、白髪を防ぐためのDNAを守る生活は全身の細胞にも効果があり、アンチエイジングになりそうです。