白髪の具体的原因

白髪の具体的原因

白髪のしくみが解明されて、それは色素幹細胞のDNAの損傷で正常な複製ができなくなるせいだと、ということがわかりました。

 

では、こうしたDNAの損傷はなぜ起こるのでしょうか。それを知れば多少なりとも白髪の予防ができそうです。DNAの損傷を惹き起こす原因は大きく4つに分けられます。

 

(1)遺伝。これは防ぎようがないですが、たしかに親が白髪頭の人は白髪になりやすいようです。

 

(2)病気です。甲状腺の異常や貧血、胃腸の疾患、マラリアなどで白髪が増えることがあります。病気の予防や緩和は自分でも努力できるものですね。

 

(3)栄養不足です。主にビタミン、ミネラル、タンパク質などが不足すると内臓の働きが衰え、血量が減り白髪の原因となります。これは乱れた食生活や激しいダイエットなどをしないなど気をつけることで予防が可能です。

 

(4)ストレスなど精神的な原因です。マリー・アントワネットが革命を逃れてヴァレンヌに逃亡したときに、一夜にして髪が真っ白になった、というのは有名なエピソードですが、ストレスはとっても白髪と関係が深いのです。ストレスをためない生活、ストレスをうまく発散する工夫ならばできますね。

 

ところで、一晩で頭が真っ白になる、というのは理論的には無理だそうです。白髪は毛根から白髪だから、すでに伸びている黒髪やブロンドが先の方まで白くかわることはないのです。でもストレスで新しく白髪が増えてくる、ということは大いにあって、よく苦労をして白髪が増えた、というのはこのことです。