白髪染めの種類

白髪染めの種類

白髪染めにはさまざまな種類の商品があります。

 

ドラッグストアには、さまざまなメーカーの商品が並んでいますし、通販でもいろいろな種類の商品が販売されています。こんなに、種類が多いとなにを選んだらよいのか迷ってしまいますね。

 

 

ヘアカラータイプ

 

白髪を染める方式での違いがあります。これまで一番多いのが、ヘアカラータイプです。これは、おしゃれぞめと同じような薬剤で染めるタイプの白髪染めです。

 

この方式は、髪そのものを変化させて染めるもので、薬剤で、髪の表面から、髪の内部に染料を浸透させて、髪の色を変化させて染める方式になります。

 

この方式の特徴は、よく白髪が染まり、一度でしっかり染まります。しかし、髪そのものを変化させる為に、髪にダメージを与えてしまうところです。

 

近頃は、メーカーいろいろと対策しているようですが、髪自体に働きかける方式の為に、髪へのダメージは完全にはなくすことはできないでしょう。また、化学的な方式の為にその臭いがイヤというかたも多いようです。

 

マスカラタイプ

 

マスカラのように、出かける前に一時的に塗る商品です。一般的には、白髪隠しとも呼ばれる商品になります。染め残しや、目立つ部分に一時的に塗って白髪をカバーするアイテムです。白髪が多い場合や、髪全体に不向きです。

 

整髪料タイプ

 

次が同じく塗るタイプだけれど光に反応して本当に染まってしまうタイプがあります。シャンプーをしても落ちませんから、色落ちの心配がなく、また手軽に濡れて便利ですね。

 

トリートメントタイプ

 

最近、大人気のトリートメントタイプの白髪染めです。正確には、トリートメントに白髪染めの機能が加わった白髪用トリートメントが正しい言い方かもしれません。トリートメント成分がたっぷりの白髪染めです。

 

このタイプの染め方は、ヘアーマニキュアと呼ばれている方式です。髪そのものを変化させずに、髪の表面に色を付けて染めます。そのため、髪へのダメージはほとんどありません。

 

この染め方の場合、一度で白髪を全部染めるのではなく、トリートメントをしばらく続けて使うことで自然に染めていきます。