白髪染め

安全な白髪染めトリートメントを厳選紹介

 

安全な白髪染めランキングを紹介中。低刺激で安全な商品を探している方におすすめです。

 

市販でも多くの白髪染めが有りますが、髪へのダメージを感じる方が多いようです。髪にやさしく、低刺激な商品への需要が高まっています!

 

白髪染めは、白髪があると老けてみられるので、それを避ける為に、髪を染めるのが目的ですが、白髪染めをすることで、髪を傷めて髪のうるおいやハリがなくなってしまったりしては、本末転倒ではないでしょうか?

 

それでも、白髪染めそのままにしておけないので、仕方なく、白髪染めをしてる方も多いと思います。

 

そんな中、最近では髪や頭皮へのダメージを最優先に考えた、白髪染めも登場してきています。そもそも、白髪が出てくる年齢の髪は、若いころに比べて、細くなり、元気もなくなっているのは、当たり前のことです。

 

それなのに、おしゃれ染めと同じような刺激の強い染め方では、髪にダメージを与えてしまうのは当然のことかもしれませんね。

 

当サイトでは、市販で主に販売されている刺激の強い商品ではなく、髪や頭皮にのダメージを与えない低刺激の安全な白髪染めトリートメントのおすすめを紹介しています。

 

これらなら、髪の傷みを気にせずに、何回でも使えるので、常に白髪が目立たない美しい髪にしておくことが出来ます。

 

白髪のない若々しい髪を目指しましょう!

 

白髪染めランキング【白髪染めトリートメント】

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー  

髪にやさしい白髪染めのパイオニア企業が開発した髪にやさしいトリートメントタイプの白髪染めです。レフィーネは髪にやさしい白髪染めとしてこれまでも人気でした。新たにそのレフィーネが自信をもって新登場したのがレフィーネヘッドスパトリートメントカラーです。髪に健康と頭皮の健康を考えた白髪染めトリートメントです。

 

 

利尻ヘアカラートリートメント 

髪に良いとされる昆布のパワーで髪を守りながら白髪染めしてくれるトリートメントタイプの白髪染めです。TV通販で脅威の的な売れ行きを記録した人気商品でです。メーカーであるサスティーでは、無添加シリーズとして、シャンプーや育毛剤などヘアのエイジングケアアイテムをラインナップしています。

 

 

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント 

世界屈指のバイオ技術を誇る「タカラバイオ」と共同開発しました。保湿成分「ルプルプ Wフコイダン」が髪に潤いを与えながら頭皮と髪を守りなから、白髪を染めてくれる白髪用トリートメントです。

 

 

 

※ランキングの順位は個人感想です。

おすすめの安全な白髪染め一覧

レフィーネヘットスパトリートメントカラー 利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

レフィーネの最新アイテム。髪と頭皮のエイジングケアを考えた白髪用トリートメント。白髪染め、トリートメント、頭皮ケアが出来る・・・続き>>

TV通販で大ヒットした人気商品。利尻昆布の保湿成分で髪を守りながら白髪染め。無添加で安全です。・・・続き>>

最先端バイオ技術を誇る「タカラバイオ」との共同開発。カゴメ昆布の「フコダイン」のパワーで髪を守ります。・・・続き>>

ピュアリッチ・パーフェクト エフキュアヘアカラー くろめヘアカラートリートメント

TV通販で人気になった髪にやさしいオーガニック処方の白髪染めです。・・続き>>

73%が美容成分のトリートメントタイプの白髪染めです。白髪染めしながら贅沢な美容成分でトリーメント。・・・続き>>

大分産くろめ(海藻)の保湿有効成分と9つの美容液分でつややかに染める白髪染めです。・・・続き>>

サンカラーマックス カラードボーテ 予備

画期的な方式の白髪染めです。光に反応して白髪染めします。塗ってそのままにしておけばOKです。・・・続き>>

使うごとに徐々に自然な髪色になります。毎日使える白髪染めトリーメントです。・・・続き>>

いつもの白髪染めとは違う!安全なトリートメントタイプの白髪染め

 

一般的な「ヘアカラー」タイプの白髪染めに比べ白髪染めトリートメントは髪を傷めません!

 

白髪が出始めて初めての白髪染めとしては、一般的な「ヘアカラー」タイプの白髪染めを選ぶ方がほとんどです。

 

「ヘアカラー」タイプの白髪染めは、染まりも早く、しっかり染まります。

 

しかし、白髪の量が増えて、白髪染めの回数が増えてくると、「困る」ことが出てきます。それは、「髪の傷み」です。

 

白髪染めをする毎に、髪が傷み髪がまとまらなくなったり、パサパサしたり、ひどいと、切れ毛や抜け毛さえも多くなってきます。

 

髪全体が白髪になってしまった場合は、もうひどい状になりかねません。

 

それが嫌で、白髪染めをあきらめる方さえいます。

 

 

 

そんな、お悩みに答えてくれるのが、トリートメントタイプの白髪染めです。

 

「ヘアカラー」タイプとは違い、髪の中まで入り込んで染める訳ではないので、髪を傷めません。

 

「ヘアカラー」タイプの白髪染めで「髪の傷み」に悩んでいる方でも。安心して白髪染めできます。

 

そればかりではなく、頭皮や髪の元気に有効な成分も同時に配合されているので、白髪染めトリートメントするごとに、髪を元気にしてくれる効果も期待できます。

 

髪が弱くなってる白髪染め世代の方にピッタリのアイテムになっています。

 

また、「ヘアカラー」独特のイヤなニオイもなく、成分も自然由来のものが多いので、頭皮が弱い方でも使えるのも魅力です。

 

但し、「ヘアカラー」タイプのように、一回染めたらしっかり染まるというタイプではなく、使い続けることで、徐々に染まっていきます。

 

その点は知っておく必要があります。

 

白髪染めトリートメントがおすすめの方

白髪染めで髪が傷んでいる!髪を傷めたくない!
白髪の量が多く、白髪染めの回数が多い!
白髪が全体に広がっている!
ヘアカラーの刺激や臭いが気になる!
 

白髪染めトリートメントで白髪が染まる理由

 

白髪染めトリートメントは髪を傷めずに白髪染めできますがどのように染めているのか説明します。

 

「ヘアカラー」タイプと白髪染めトリートメントでは、白髪を染める仕組みが大きく違います。

「ヘアカラー」タイプの白髪染め

一般的には、1剤と2剤の2種類になっています。この2種類を混ぜることで発色させます。1剤のアルカリ剤がキューティクルを開き、その中に発色した顔料を浸透させます。この後、キューティクルが閉じて髪に色を定着させます。

 

このように、このタイプの白髪染めは、「髪」自体を変化させて白髪染めしています。その為、「髪」に何らかのダメージを負わせていることが簡単に想像できます。しかし、白髪染めの効果は高く、一度、染めればしっかりと染めることができ、長持ちします。

「トリートメント」タイプの白髪染め

一般的には、ヘアカラー染料、塩基性染め料、植物染料などの染料に、トリートメント成分で作られています。染料の組み合わせについては、各商品でそれぞれ異なります。使われる染料は、キュティクルを開かず髪の内部に浸透、もしくわ表面に付着し髪を染めるものを使っています。その為、一部、色落ちする場合があります。

 

このように「髪」に大きな変化を与えない為に、髪へのダメージを極力防いでいます。しかし、白髪染めは、一度でしっかり染めることはできないので、徐々に染めていくことになります。

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方

 

トリートメントタイプの白髪染の使い方について紹介します。

 

白髪染めトリートメントは、1回では白髪をしっかりと染めることができません。繰り返し使うことで染まっていきます。

 

満足できるレベルまでには、商品によってそれぞれですが、目安としては1週間〜2週間程度は掛かります。

 

その為、使い始めは毎日、染まりぐわいをチェックしながら使い続けて、満足できるまで続けます。

 

その後は、定期的に使い続けることで、生え際の白さも目立つことなく、染めをキープできます。

 

基本的な白髪染めトリートメントの使い方

シャンプーで髪の汚れを落とし、髪の水分をタオルで取り除きます
白髪染めトリートメントを髪全体のなじませて、軽くマッサージし、約10分〜15分程度ほど放置
白髪染めトリートメントを綺麗に洗い流します

※基本的には、いつものトリートメントの使い方と変わりません。(商品によって違いがあります)

 

白髪染め効果の高い使い方(乾いた髪に直接使う)

ブラッシングなどで髪の汚れを落とす
乾いた髪に直接、白髪染めトリートメントを十分に塗ります。その後、約15分〜30分程度を放置
シャンプーでしっかり色落ちがなくなるまで洗い流します

※「ヘアカラー」タイプと同じような使い方です。

 

効果を高め使い方は、上記の2つを組み合わせる方法です。

白髪が目立つときは、「乾いた髪に直接使う」方法で、満足できるレベルまで繰り返し白髪染めを行い、染まったら、「基本的な使い方」で定期的に使用することで、白髪の目立たない状態をキープできます。